株式会社Libra(リブラ)


シルバー925って何?
925は、一般に「きゅうにいご」読み、金属の品位(純度)を表します。
銀が何%含まれているかということで、シルバー925とは、その銀製品の重さの92.5%が純銀であることを示します。
残りの7.5%は他の金属(銅など)を混ぜ合わせています。

純銀をジュエリーなどに使用すると傷つきやすく、また変形する危険があるので、日常の使用に耐え、また純度を高く保つのにちょうど良い純度が、925であると言われています。
ちなみに、1000は純銀、925はSTERLING SILVERと呼ばれています。


シルバー商品が変色しちゃうのはなぜ?

シルバー商品をしばらく使わずにいると、くすんだり、黒く変色していることがあります。
これは、シルバーの硫化といい、空気中の硫化水素や、水分中のオゾンなどと反応して、シルバーの表面に硫化銀ができてしまうために起ります。
鉄などのサビ(酸化)とは違う現象です。
逆にこの現象を利用して、意図的に一部分を硫化させたシルバーアクセサリー商品も良く見かけます。

お使いになった後は、メガネ用の布等で汗や汚れをきれいに拭き取れるなど、簡単なお手入れをしてください。
脂やほこりなどの汚れは、使い古した歯ブラシなどに中性洗剤を少しつけてこすってください。
汚れのひどいときには、ぬるま湯につけながらこすります。
よく水洗いをした後、柔らかいきれいな布で水分を取ってください。
市販されている研磨剤を含んだクロスや専用クリーナーを使用すれば効果的に輝きを取り戻します。

長期間お使いにならない場合は、汗や汚れをきれいに拭き取ってから、チャック付きのビニール袋や密閉性の高い容器などに入れて保管してください。
空気を遮断すると硫化防止の効果があります。


シルバー商品は一つひとつ手づくり。

シルバーアクセサリーやシルバー・ジュエリーは、WAXやシルバーなどを使って、手作業で作り上げた原型を、キャストという方法で量産するのが一般的です。
量産の工程も、まだ人の手をかけて生産する部分が多く残っています。
仕上げの作業も、一つひとつ手作業で磨き上げていきます。
ですから、厳密にいうと、まったく同じものがないともいえます。


ペンダント 〜ネックチェーンで雰囲気を変える〜

ペンダントは、ペンダント・トップを、ネックチェーンに通して使います。
ひとつのペンダント・トップで、チェーンの太さや長さを変えてみたり、革製や紐に変えたりと、TPOに合わせて、楽しむことができます。
小さなペンダント・トップなら、チャーム・イヤリングとしてイヤリングにも着けられます。

バチカン(ネックを通す金具)の穴のサイズが小さく、チェーンが抜けない場合は、引き輪の丸カンをはずして、チェーンを抜いてください。
つける場合も同じです。

季節やファッションに合わせた自分だけのアレンジに、チャレンジしてみてはいかがですか。


 

COPYRIGHT (C) 2008 LIBRA. ALL RIGHTS RESERVED.